年代別メンズ財布の相場とはどのようなものか

自分の持ち物に気を使う人、無頓着な人と様々ですが、財布だけはこだわっているという人も多いので、メンズ商品の種類も豊富です。調べてみると、年代ごとに選ばれているものが違っていて、相場にも差がありますので、まずは自分の年代の人たちがどのようなものを使っているのかをチェックしてみましょう。こだわりを持つ人たちはブランド名で選ぶのが定番となっており、世代別の人気ブランドも異なります。基本的には働き始めて一定年数が経過すると、段々と落ち着いたものを選ぶことが増えてくるようです。それまでは見た目にこだわっていた人でも、落ち着いた嗜好に変わってきます。また、同じ位の歳であっても、学生なのか働いているのかでも選ぶものが違いますので、置かれている状況でも変わることを覚えておきましょう。

10代から20代の若い世代に選ばれるもの

10代に選ばれているメンズ財布はそれほど高額ではありません。高校生くらいまでは5,000円程度のものを購入することも多く、二つ折りを使用しているケースも多く見かけます。働いている人たちであっても、せいぜい15,000円くらいまでが上限であり、トータルで考えると10,000円弱の商品が売れているということになります。20代になると少しこだわりが出てくるのですが、これは本格的に働き始めて金銭的な余裕が多少は出てくるからです。ブランドや素材にこだわる人も増えてきて、相場は20,000円程度まで上昇します。この世代の特徴として、働いて得たお金を自分のためだけに使えるという環境の人が多いので、自分のために何かを購入する場合でも予算をあまり気にせずに済むようです。

30代以降の相場を選ばれる商品の傾向

30代に入ると金銭的にはだいぶ余裕が出てきて、30,000円程度の商品が相場となっています。中には50,000円以上もかける人がいて、頻繁に買い直すケースも多いようです。メンズ財布でもブランドものがよく売れるのが30代以降であり、レザーの上質なものを購入する機会が増えてきます。形状はそれぞれの好みに合わせて選ぶようですが、材質にはこだわりが出てきてレザーが好まれるというのが大きな特徴です。30代以降はずっと質の良い30,000円程度のものを購入し続けるというケースもあれば、60歳近くになってからはこだわりが無くなって安価なものを購入するケースもあります。使い勝手の良さを重視し始める人たちもいますので、60歳近くになると選ぶ商品の価格には幅が出ます。